Untitled この門が開いたとして通り抜ける時どんなことを思うだろう