一本の木だけれどもだけれども、質感が違って見えてくる。